投資信託、積立投資ならセゾン投信。長期的な資産運用をお手伝いします。

Loading

日本版スチュワードシップ・コードの受入れについて|投資信託・積立投資ならセゾン投信

TOP企業情報・広報 取組み・方針等 > 日本版スチュワードシップ・コードの受入れについて

日本版スチュワードシップ・コードの受入れについて

当社は、受益者に対する受託者責任の一側面としてスチュワードシップ責任を認識し、日本版スチュワードシップ・コードの受け入れを表明いたします。また、当社はファンドオブファンズ形式の運用を行っているため、一部については間接的な手法を併用してまいります。

原則1:機関投資家は、スチュワードシップ責任を果たすための明確な方針を策定し、これを公表すべきである。

当社は、スチュワードシップ責任を果たすために、投資先ファンドがスチュワードシップ責任を果たすことにより、投資先企業の企業価値の向上に寄与し、運用資産の長期的な成長につながるものであることを求めます。

原則2:機関投資家は、スチュワードシップ責任を果たす上で管理すべき利益相反について、明確な方針を策定し、これを公表すべきである。

当社は、グループ会社株式などの利益相反が起こりうる有価証券には、原則として投資しないことを社内規則において定めております。また、投資先ファンドの選定にあたって、利益相反についての明確な方針が策定されていることを確認します。

原則3:機関投資家は、投資先企業の持続的成長に向けてスチュワードシップ責任を適切に果たすため、当該企業の状況を的確に把握すべきである。

当社はインデックスファンドへの投資に際しては、長期的な企業価値の向上を目的として、議決権の行使を行う場面を中心に、企業の状況を把握する姿勢を示していることを、重視いたします。アクティブファンドへの投資に際しては、株価ではなく企業価値に注目して投資を行うファンドへ投資を行うこととしており、この投資方針が長期的な運用資産の成長とスチュワードシップ責任の双方に寄与するものと考えます。

原則4:機関投資家は、投資先企業との建設的な「目的を持った対話」を通じて、投資先企業と認識の共有を図るとともに、問題の改善に努めるべきである。

当社はインデックスファンドへの投資に際しては、長期的な企業価値の向上を目的として、議決権の行使を行う場面を中心に、企業との対話を重視する姿勢を示していることを重視いたします。アクティブファンドへの投資に際しては、株価ではなく企業価値に投資するファンドへ投資を行うこととしており、企業価値向上の為の対話が行われることを、当然の前提としています。

原則5:機関投資家は、議決権の行使と行使結果の公表について明確な方針を持つとともに、議決権行使の方針については、単に形式的な判断基準にとどまるのではなく、投資先企業の持続的成長に資するものとなるよう工夫すべきである。

当社は投資先ファンドの選定にあたっては、議決権の行使と行使結果の公表についての明確な方針が策定されていることを確認し、その後も定期的に、可能な範囲で行使結果を確認いたします。また、長期的な運用資産の成長を目的として議決権を行使することを明確に示しているファンドに投資を行ってまいります。

原則6:機関投資家は、議決権の行使も含め、スチュワードシップ責任をどのように果たしているのかについて、原則として、顧客・受益者に対して定期的に報告を行うべきである。

当社は、定期的に投資先ファンド、あるいは投資先ファンドの運用会社における議決権行使を含めたスチュワードシップ・コードの履行状況を確認した上で、WEBサイト等で報告を行ってまいります。

原則7:機関投資家は、投資先企業の持続的成長に資するよう、投資先企業やその事業環境等に関する深い理解に基づき、当該企業との対話やスチュワードシップ活動に伴う判断を適切に行うための実力を備えるべきである。

当社は、投資先ファンドの選定にあたっては、スチュワードシップ・コードの履行能力についても、定性的評価の一要素として重視いたします。

スチュワード・シップ活動の状況についてのご報告

年月 活動報告
2015年4月1日~2016年3月31日 ダウンロード

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。

その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。

ご購入に際しては、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

セゾン投信お客さま窓口

※ボタンをタップすると電話を発信できます

※お問い合わせ前によくあるご質問をご確認ください。

※FAX:03-3988-8673

pagetop