投資信託、積立投資ならセゾン投信。長期的な資産運用をお手伝いします。

Loading

セゾン投信の口座数5万口座を突破~5年、5万人、500億円を達成!~|プレスリリース|投資信託・積立投資ならセゾン投信

TOP企業情報・広報プレスリリース > セゾン投信の口座数5万口座を突破~5年、5万人、500億円を達成!~

プレスリリース

セゾン投信の口座数5万口座を突破~5年、5万人、500億円を達成!~

2012/03/22

各位

セゾン投信株式会社(http://www.saison-am.co.jp/ 東京都豊島区 代表取締役社長 中野晴啓)は、2012年3月21日に50,007口座と5万口座を突破したことをお知らせします。

2007年3月15日に2本のファンドを設定して営業を開始してから5年で、口座保有者5万人、運用資産総額500億円を達成いたしました。

「5年、5万人、500億円」を記念して、2012年5月12日に、ゲストと共に投資家のための正しい投資のあり方を考えるイベント「555セミナー」を開催する予定です。

<口座数の推移> 50.007口座 (2012年3月21現在)

graph20120322_1.jpg

<555セミナーのご案内>
ゲストに朝倉智也氏(モーニングスター株式会社代表取締役COO)、竹川美奈子氏(LIFE MAP,LLC代表/ファイナンシャル・ジャーナリスト)、永沢裕美子氏(フォスター・フォーラム事務局長、金融審議会委員)の3名をお迎えしてトークセッションを展開します。

投資信託は目先のお金もうけのための商品ではなく、将来の資産形成のための優れたツールのひとつ。本来の投資信託の役割、日本の投信マーケットの現状や問題などを、投資家ひとりひとりが意識し考え、投信と正しく付き合うにはどうしたらよいか、セッションを通じてお伝えいたします。2012年4月2日より募集開始。参加費無料。

<お客さまの特徴>

  • お客さまの約75%の方が40代以下と、若い世代から高い支持を得ています。
  • 全口座の62%の方が定期積立プランを利用しており、若年層程積立を活用されている方の比率が高くなっています。
  • 月々の積立額は、全会員平均で2万5000円程度となっており、年齢が上がるとともに金額は上昇していきます。

セゾン投信会員データ(男女比、年齢別、積立比率) 2012年1月末時点

graph20120322_2.jpg

<ご参考>運用資産総額(2012年3月21日現在)

ファンド名純資産総額
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 450.20億円
セゾン資産形成の達人ファンド 56.68億円
合計 506.88億円

本件に関するお問合せ
セゾン投信株式会社 営業部戦略企画グループ 津田

  • この資料は、勧誘を目的とした、セゾン投信の提供する「販売用資料」ではありません。また、金融商品取引法に基づく、開示書類でもありません。したがって投資信託の購入、売却、あるいは保有を推奨するものではありません。
  • 情報については、その正確性、信頼性、安全性等について保証するものではありません。過去のパフォーマンスは、将来のパフォーマンスを推測する指標ではありません。
  • この情報に関する一切の権利、義務は、その情報提供者(以下「情報提供者」)に帰属します。この情報の内容は、情報提供者の事由により変更されることがあります。
  • このメッセージに掲載された情報に基づく判断については、閲覧者ご自身の責任の下に行うこととし、万一このメッセージの情報により、閲覧者が損失を被ったとしても、セゾン投信株式会社、ならびにその情報提供者はいかなる損害に対しても一切の責任を負うものではありません。
  • 投資信託の取得を希望される方は、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客様自身にて判断いただきますようお願いいたします。

【投資信託に係わるリスクについて】

当社の運用、販売する投資信託(以下、当ファンド)はファンド・オブ・ファンズであり、主として投資信託証券に投資を行います。当ファンドは、株式や公社債を実質的な主要投資対象としており、株式や公社債の投資に係る価格変動リスクを伴います。一般に、株式の価格は個々の企業の活動や業績、市場・経済の状況等を反映して変動し、また、公社債の価格は市場金利の変動等を受けて変動するため、当ファンドはその影響を受け、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。また当ファンドは外貨建資産に投資し、原則として為替ヘッジを行いませんので、為替変動の影響を受け、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。 したがって、ご投資家の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元金が割り込むことがあります。 当ファンドの基準価額の変動要因としては、主に「価格変動リスク」や「為替変動リスク」、「カントリーリスク」、「信用リスク」、「流動性リスク」などがあります。

【当ファンドに係わる費用について】

お客様には以下の費用をご負担いただきます。

<セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド>

◆申込時に係る費用

申込手数料はかかりません。

◆解約時に係る費用

解約手数料はかかりません。なお、解約受付日の翌々営業日の基準価額に対して0.1%の信託財産留保額が控除されます。

◆保管期間中に間接的にご負担いただく費用

信託報酬

ファンドの純資産総額に年0.5076%(税抜0.47%)の率を乗じて得た額とします。その他投資対象である投資信託証券において信託報酬がかかります。当該信託報酬も間接的に受益者の方にご負担いただく費用となりますので、実質的な信託報酬は、年0.69%±0.03%(税込/概算)となります。

※ファンドの規模に応じて変動する場合があります。 

その他費用

信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用(有価証券の売買の際に発生する手数料や、有価証券の保管に要する費用等を含む)、監査報酬(消費税含む)、立替金の利息等が信託財産の中から差し引かれます。なお、当該その他費用については、運用状況により変動するものであり、事前に計算方法、上限額等を示すことが出来ません。 

※詳しくはセゾン投信が提供する投資信託説明書(交付目論見書)をご覧いただき、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。

<セゾン資産形成の達人ファンド>

◆申込時に係る費用

申込手数料はかかりません。

◆解約時に係る費用

解約手数料はかかりません。なお、解約受付日の翌々営業日の基準価額に対して0.1%の信託財産留保額が控除されます。

◆保管期間中に間接的にご負担いただく費用

信託報酬

ファンドの純資産総額に年0.5832%(税抜0.54%)の率を乗じて得た額とします。その他投資対象である投資信託証券において信託報酬がかかります。当該信託報酬も間接的に受益者の方にご負担いただく費用となりますので、実質的な信託報酬は年1.35%±0.2%(税込/概算)となります。

その他費用

信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用(有価証券の売買の際に発生する手数料や、有価証券の保管に要する費用等を含む)、監査報酬(消費税含む)、立替金の利息等が信託財産の中から差し引かれます。なお、当該その他費用については、運用状況により変動するものであり、事前に計算方法、上限額等を示すことが出来ません。 

※詳しくはセゾン投信が提供する投資信託説明書(交付目論見書)をご覧いただき、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。

その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。

ご購入に際しては、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

セゾン投信お客さま窓口

※ボタンをタップすると電話を発信できます

※お問い合わせ前によくあるご質問をご確認ください。

※FAX:03-3988-8673

pagetop