投資信託、積立投資ならセゾン投信。長期的な資産運用をお手伝いします。

Loading

第9回 株式会社BOOT BLACK JAPAN 代表取締役 長谷川裕也氏:1/4|社長対談|投資信託・積立投資ならセゾン投信

TOPセゾン投信とはセゾン投信のコラム・対談対談「~21世紀の世界を見据えて~"今"を変える力」 > 第9回 株式会社BOOT BLACK JAPAN 代表取締役 長谷川裕也氏 Vol.01

社長対談~21世紀の世界を見据えて~"今"を変える力

株式会社BOOT BLACK JAPAN 代表取締役 長谷川裕也氏 × セゾン投信 代表取締役社長 中野晴啓

靴磨きのイメージを変えてみせる

●中野

僕がはじめて長谷川さんのお店に来て靴を磨いてもらったのは、2年くらい前だと記憶しています。スタイリッシュなお店で靴磨きをしている素敵な青年がいると教えてもらったのですが、「スタイリッシュ」と「靴磨き」がどうも結びつかなくて…。でも、実際にお店に来て長谷川さんにお会いしたら、すぐに納得しましたね。長谷川さん自身も洗練された感じがしてオシャレだし、お店だってカウンターがあって、お客様が座っている目の前で靴を磨く。こんな靴磨き屋さんなんて見たことも聞いたこともないと思いました。すごく新鮮でしたよ。まるでバーのようですよね?

株式会社BOOT BLACK JAPAN 代表取締役 長谷川裕也氏

●長谷川さん

お店をバーのような雰囲気にしたのは、オシャレにしたいということもありましたが、靴磨き職人の地位の向上という目的もあります。靴磨き職人というと、やはり偏見を持たれることが多いのですよ。でも、美容師さんやネイリストさんのように、お客様よりも目線が上になる、あるいは対等になれば、偏見は改善されるような気がしました。最初はネイリストさんのように対等な目線を考えていたのですが、美容師さんのように立つことで目線を上げて、さらに靴磨きをパフォーマンスのように見せることを考えました。

●中野

僕の世代であれば、駅の近くで靴磨きをしている人たちを「職人」として認識できるのですが、僕よりも上の年代になると感覚が違うようですね。靴磨きというと地位が低いというか。この前、駅の近くで靴磨きをしているのを見たのですが、お客様はなんとなく偉そうな感じがしました。一方で、靴を磨いてもらうことに対して「お願いします」という感じの人もいますよね。

●長谷川さん

僕が路上で靴磨きをしていたときでも、お客様とは思えないくらい丁寧に接してくれた方もいます。僕自身、靴磨きをはじめた当初は、技を見たくて何度も靴を磨いてもらいましたが、前のめりになっていましたね。技を覚えようという気持ちもありましたけど、恐縮してしまってとても偉そうにはできませんでした。

●中野

今でこそ長谷川さんにはすごい技術があって、靴磨きの新しい価値観を世に与えていますが、もともとはどこで勉強したのですか?

●長谷川さん

僕には師匠などはいないので独学です。100円ショップで靴磨きセットを買ってスタートさせました。最初はお客様に「下手くそ」とか「他の靴磨き屋を見てこい」と言われたので、実際に行ってみたら、驚くほどピカピカになるわけです。僕の磨き方と全然違ったので、そこから本気で勉強をはじめました。靴磨きの技だけではなくて革についても知識が必要ですから、革の勉強もしましたし、靴を何足も買って自分で磨いたり、色を染めたりもしました。

●中野

この仕事を選んだきっかっけは?

株式会社BOOT BLACK JAPAN 代表取締役 長谷川裕也氏

●長谷川さん

18歳から完全歩合制の仕事をしていたのですが、20歳で体調を崩してしまったのです。このまま同じ仕事を続けるのは難しいと思って、このタイミングで商売をしようと思いました。子どもの頃から、いつかは自分で商売をしようと考えていましたからね。当時はお金がなかったので、すぐにお金になる仕事を考えたときに、靴磨きがあったのです。その後、半年くらいしたときには、これでやっていこうと決めていました。

●中野

やりはじめたら、靴磨きがおもしろかったのですか?

●長谷川さん

おもしろいと思いましたし、お客様にダイレクトに喜んでいただけて、僕自身がとても嬉しかったのです。それまで完全歩合制の仕事をしていたので、言い方は悪いかもしれませんが、無理矢理売る仕事をしていたわけです。でも、靴磨きはすごくシンプルで、駆け引きなしでダイレクトに喜んでもらえます。10分で靴をピカピカに磨くことで喜んでもらえたうえに、お金をいただけることがすごく楽しかったです。人との出会いもそうですが、10分でいろいろなことを話して関係も濃密になりますからね。

●中野

確かに、靴磨きは確実に感謝されますからね。「ありがとう」と言われる商売です。そこに、お金ではない価値があると思いますね。

僕のまわりには、長谷川さんを知ってから高級な靴を買うようになった人がいます。それまでは、高級な靴を買ってもメンテナンスができないから買わないと言っていたのですが、今は普通に履いていますよ。その人は、靴に関しては長谷川さんがいるし、何かあったら長谷川さんに相談すればいいから安心なんだと言っていました。しかも、お店に持って行くことだって、楽しみの1つだと。つまり、靴を磨いてもらうためだけに行くのではなくて、素敵なお店に行って雰囲気を味わったり、長谷川さんや他の靴磨き職人さんに会うのが楽しみなのですよね。

●長谷川さん

技術というサービスを提供するのは当然ですが、それ以外にお店に来ていただける理由があるのは、とても嬉しいことです。逆に、そういったことが僕たちにとってはやりがいになりますし、モチベーションにもなって、もっと高い技術を持とうとか、もっといいサービスをしようという気持ちになってきますね。

株式会社BOOT BLACK JAPAN代表取締役 長谷川裕也氏

2004年春、20歳の時に無一文状態になり、日銭稼ぎの為に東京駅の路上で靴磨きを始める。その後、品川駅港南口に活動拠点を変え、2009年南青山にBrift H(ブリフトアッシュ)を開店。日本中の靴好きが集まる人気店へ。他には類を見ない新技術や新しい靴磨きのスタイルを作り続けている。

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。

その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。

ご購入に際しては、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

セゾン投信お客さま窓口

※ボタンをタップすると電話を発信できます

※お問い合わせ前によくあるご質問をご確認ください。

※FAX:03-3988-8673

pagetop