2007年12月|セゾン投信の素顔

投資信託で長期投資 | セゾン投信   投資信託で長期投資 | セゾン投信
よくあるご質問 サイトマップ
投資信託のセゾン投信 TOP セゾン投信の素顔 2007年12月
セゾン投信の素顔(2007年12月)
既に投資信託口座の開設をいただいた方含め、我々の取組みに興味や関心を持って見守っていただいている方へのメッセージ発信の場として「セゾン投信の素顔」を掲載しております。
ここでは、セゾン投信で働くメンバーが日々感じたり考えたりしていることを紹介しています。セゾン投信で熱い思いを抱いて働いている私たちの人となりを少しでも感じていただければ幸いです。
「小さな手」
一人の手という歌があります。
懐かしいと思う方もいらっしゃるかと思いますが、私はいつの間にか何気なく好きな歌となり、何をするのもこの歌詞を大切に…と思い、過ごしています。

一人の小さな手 何もできないけど
それでもみんなが手と手を合わせれば 何かできる 何かできる
‥‥‥   ‥‥‥   ‥‥‥
一人の人間は とても弱いけど
それでもみんなが集まれば 強くなれる 強くなれる

赤ちゃんはお母さんのお腹から出てくる時に、手を握っています。それは、赤ちゃんの握った手の中には、いっぱいの幸せがあって、赤ちゃんはその幸せを生まれてくる時まで、ギュッと握ってお母さんのお腹から出てくるそうです。そして生まれた瞬間、自分の幸せと家族のために、その幸せをあげるために、パッと手を開くそうです。
そんな生まれたばかりの赤ちゃんの小さな手でさえも、何かしてる。そんな素敵な手と手を合わせながら、人は大きくなっていく。何をするのも、みんなで手と手を合わせて成長していく。
セゾン投信はまさに今、みんなが手と手を合わせて、一本のずうっと長く延びている線路の上を走り始め、前進しています。セゾン号の中でスタッフ一同、手と手を合わせて素敵な強いセゾン号にしていこうとしています。ご乗車いただいたセゾン号は、決して贅沢はできず、完璧ではなく、ご不便をおかけしている事もあるかと思いますが、長い道のり、中は暖かくて、くつろげる、信頼のできる乗りごこちであるように。 私の手も小さな小さな小さな手に過ぎないですが、そこに携わる「一人の小さな手」して、自分のできる事を今、と思います…。
植田 芳子
「世界に冠たる東京食文化」
万難を排していよいよミシュランガイド東京版が世に出ることになりました。フランス人に日本の食文化の偉大さが本当に理解できるのか?結果はそんな日本人としての自尊と自信が入り混じった期待感にしっかり応えてくれたと言っていいでしょう。三つ星が8店、トータルの星の数はなんと191個。食文化に絶対的なプライドを持つフランスが世界一の美食の都を東京だと認めてくれたことに、正しい日本人としてバンザイ!の気分でした。時を同じくしてミシュランガイドサンフランシスコ版も発表され、星の数は20足らず。それでも僕としてはそんなに星付けちゃったんだ?という感じでありましたが、アメリカは食に関しては日本やフランスのレベルに較べるべくもありません。 何はともあれミシュラン東京ガイドの出現は、世界中から人を呼ぶ大きな魅力を東京が手に入れたと考えられます。「日本にとにかくおいしいものを食べに行こうツアー」が世界中のブームになる予感がしてきました。(次にもしミシュラン京都版ができたらますます世界が卒倒するのではと期待が膨らみます。) 21世紀の日本は自国の文化・伝統を大切にしてそれをどんどん情報発信していくことで世界からの憧れの国になれます。そんな憧憬にしっかり応えられる、粋でカッコイイ日本人をみんなで目指そうではありませんか。
中野 晴啓
「夜の灯り」
この季節、クリスマスのイルミネーションが華やいできましたね。イルミネーションとしての夜景を想い描くのは、横浜の夜景なんかも同じでしょうか?
こうした人の手によって造り出された「魅せる」ことを意識した風景にも惹かれますが、(もちろん大好きなのですが)、違う視点からまた素敵な風景を感じることがあります。サンシャインの54F、セゾン投信から見えるような高いところから見下ろす夜景も一つですが、私は低いところ(例えば車内等)から眺められる景色のほうが好きなようです。花火も近くで観るほうが迫力がありますよね?
さらに、飾りたてられた景色よりも、無造作に立ち並ぶ沢山のビルやマンションの灯りに魅了されます。
人の息づく生活感の感じとれるような街並みの非創造的な夜景、ただ一面に広がる日常的な暖かく、また都会らしい冷たい灯りが快く感じます。地元秋田にはない風景だからでしょうか笑。。。 冬は空気が澄んでいます。寒いですが、遠くの空やまた星がたまに見えるのはちょっとメリットでしょうか。
冬が大の苦手な私ですが、とりわけこの12月はクリスマスな暖かな灯りに包まれて、2007年、色々あった今年一年を振り返ろうかと思います。
今井 志保
「今日より若い日はない」
先日、弊社で行ったセミナーに大学生の方が出席されていました。同じセミナーに参加されていたある方が「今日のセミナーは若い方が多くて驚きました。大学生で資産形成について考えているなんて、なんか自分はすごく出遅れた感じがします」と発言されました。すると別の方が「私も同じ思いです。でも今日より若い日はないと思ってすぐに行動を起こしてみようと思います」。
投資に限らず、人生において「ああ、あの時にこうしておけばよかった」「自分がもう少し若かったら・・・」など思うことは誰にでも経験があるのではないでしょうか?私自身何度となくいろいろな言い訳をしながら、踏み切れなかったり、挑戦できなかったことが山のようにあります。そして何年か経ってから、「せめて最初に思い立ったあの時挑戦しておけばよかった」となるわけです。
先日本業をリタイア後、FPとして活躍されている方にお会いしました。聞いてみると、なんと60歳でFPの勉強を始めたそうです。なんとも心強い話です。何かを始めるタイミングというのは人によって違う事を改めて感じました。 ドラえもんのタイムマシーンでもない限り、過去に戻って人生をやり直すことはできません。後悔するくらいなら「今日より若い日はない」の精神で第一歩を踏み出したいものです。
佐藤 恭子

資料請求はこちら

ページのトップへ
<お問合せ>
商号:セゾン投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第349号
加入協会:一般社団法人投資信託協会

TEL:03-3988-8668 / FAX:03-3988-8673
営業時間:9:00〜17:00 セゾン投信株式会社 お客様窓口
(土日祝日、年末年始を除く)
積立投資ならセゾン投信の定期積立プラン | セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド | セゾン資産形成の達人ファンド
勧誘方針 | プライバシーポリシー | サイトポリシー 
Copyright (c) 2011 SAISON ASSET MANAGEMENT Co.,Ltd
投資信託のセゾン投信トップへ