投資信託、積立投資ならセゾン投信。長期的な資産運用をお手伝いします。

Loading

【セゾン資産形成の達人ファンド】スパークスを徹底分析!|セミナー情報|投資信託・積立投資ならセゾン投信

TOPセミナー情報過去のセミナー開催実績 > 【セゾン資産形成の達人ファンド】スパークスを徹底分析!

セゾン投信主催

2015年09月06日(日曜日)

【セゾン資産形成の達人ファンド】スパークスを徹底分析!

  • 印刷
  • 携帯に送信
  • ブックマーク

スパークスとの共催セミナーを東京(八重洲)で開催いたします!
現在、セゾン資産形成の達人ファンドには「スパークス・ワンアジア厳選投資ファンドS <適格機関投資家限定>」を含む3本のファンドを組み入れています。
そのスパークス・アセット・マネジメント株式会社 代表取締役社長である阿部修平氏をお招きして、日本株式市場の行方を中長期的な視点でたっぷりお話しいただきます。後半はセゾン投信中野とのディスカッション、質疑応答もあります。お申込みはお早目にどうぞ!


■プログラム
"セゾン投信が標榜するアクティブ運用とは?"
セゾン投信株式会社 代表取締役社長 中野晴啓
"独立系運用会社スパークスが語る日本株式市場の展望~新たなメガサイクル、長期上昇時代の幕開け~"
スパークス・アセット・マネジメント株式会社 代表取締役社長 阿部修平氏
ディスカッション&質疑応答

開催日時

2015年09月06日(日曜日)14:00~16:30(開場13:30)

講師

阿部 修平氏阿部 修平氏
1954年 札幌生まれ
1978年 上智大学経済学部卒業
1980年 バブソンカレッジで MBA取得。帰国後、株式会社野村総合研究所入社。企業調査アナリストとして日本株の個別企業調査業務に従事。
1982年 ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナル(ニューヨーク)に出向し、米国機関投資家向けの日本株のセールス業務に従事。
1985年 アベ・キャピタル・リサーチを設立(ニューヨーク)。クウォンタムファンド等欧米資金による日本株の投資運用・助言業務を行うとともに、欧米の個人資産家の資産運用を行う。
1989年 帰国後、スパークス投資顧問(現スパークス・グループ株式会社)を設立、代表取締役社長に就任(現任)。
2005年 ハーバード大学ビジネススクールでAMP取得。
2011年 政府のエネルギー・環境会議 コスト等検証委員会委員就任。
2012年 政府の需給検証委員会委員就任。
2012年 国際協力銀行 リスク・アドバイザリー委員会委員就任。


nakano.jpg中野 晴啓
1963年東京生まれ。
1987年明治大学商学部卒。同年、現在の株式会社クレディセゾン入社。
セゾングループの金融子会社にて債券ポートフォリオを中心に資金運用業務に従事した後、投資顧問事業を立ち上げ運用責任者としてグループ資金の運用のほか外国籍投資信託をはじめとした海外契約資産等の運用アドバイスを手がける。
その後、株式会社クレディセゾン インベストメント事業部長を経て2006年セゾン投信株式会社を設立、2007年4月より現職。
米バンガード・グループとの提携を実現し、現在2本の長期投資型ファンドを設定、販売会社を介さず資産形成世代を中心に直接販売を行っている。

会場

■会場
AP八重洲通り コンベンションルーム 13階A+Bルーム
■住所
東京都中央区京橋1丁目10番7号 KPP八重洲ビル13階
■アクセス
定員 180名【当セミナーは終了致しました】

上記セミナーにおきまして、セゾン投信が設定、運用、販売を行う投資信託の勧誘を行うことがあります。投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。ご購入に際しては、必ずセゾン投信が提供する投資信託説明書(交付目論見書)の内容をご確認いただき、ご自身でご判断ください。

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。

その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。

ご購入に際しては、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

セゾン投信お客さま窓口

※ボタンをタップすると電話を発信できます

※お問い合わせ前によくあるご質問をご確認ください。

※FAX:03-3988-8673

pagetop