アンダーウェイト(あんだーうぇいと)

基準となる比率と比べて特定の国や業種の比率が低くなることです。