相関係数(そうかんけいすう)

2 つの確率変数の間にある類似性の度合いを示す統計学的指標のことです。通常-1から+1までの値を取り、+1であれば全く同じ動き、-1であれば全く逆の動き、0であれば全く関係ない動きをすることを示します。