積立投資・積立NISAならセゾン投信。長期的な資産運用をお手伝いします。

第10期運用報告会 in 広島|セミナー情報|積立投資・つみたてNISA(積立NISA)ならセゾン投信

TOPセミナー情報過去のセミナー開催実績 > 第10期運用報告会 in 広島

セゾン投信主催

2017年02月18日(土曜日)

第10期運用報告会 in 広島

  • 印刷
  • 携帯に送信
  • ブックマーク

2016年12月12日、セゾン投信が運用する2本のファンドは第10期の決算を迎えました。2007年3月に9億円から運用が始まった「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」、「セゾン資産形成の達人ファンド」の運用資産総額は、10年間で合計1,600億円を達成することができました。これもひとえに長距離列車「セゾン号」に乗車を続けてくださる皆さまあっての結果と社員一同深く感謝申し上げます。

下記の内容で、運用報告会を開催させていただきます。会場でお会いできることを楽しみにしております。

【プログラム】

  • unrepo2017.JPGセゾン投信の10年、そして今後の飛躍(セゾン投信社長 中野晴啓)
  • 第10期運用報告(セゾン投信 運用部長 兼 ポートフォリオマネージャー 瀬下哲雄)
  • 投資家から見たセゾンファンド(FCP代表/セゾン投信アドバイザー 房前督明)
  • 皆様からの疑問、質問にお答えするQ&Aコーナー

セミナー開催レポート

セミナーレポート

セゾン投信株式会社さんの投稿 2017年02月18日

【ご来場誠にありがとうございました!】

広島を皮切りに全国を駆け巡った「第10期運用報告会」は、3月12日の東京会場をもちまして無事に終了することができました。今年も大変多くのお客さまとお目にかかり、あたたかくまた厳しいご意見や報告会の感想もたくさんいただき、また次の一歩へと背中を押された想いです。スタッフ一同、お客さまとの「つながり」を実感する大変有意義な会となりました。ここに厚く御礼申し上げます。

総来場者数1,027名、男性71.3%、女性28.7%、最多年代は40代30%、次いで30代25%、全体の半数以上の55.4%が初めての参加でした。

東京会場で撮影した報告会の様子を動画にてお届け致します。中野社長、瀬下運用部長、房前氏からの報告をご覧いただき、ご来場いただけなかった皆さまにも会場の雰囲気を感じていただければと思います。

セゾン投信 マーケティング部長 津田 由理子

お客さまの声

初心者の私でも分かりやすい説明でよかったです。大事なお金を預ける人の顔が見れたことはより安心感が増しました。

今後も安心して積立を継続していこうと思いました。

40代・女性

今回の参加で3回目となります。2年前に来た時に比べ、若い人が増えて嬉しく思います。

市場概況も分かりやすく、セゾン投信に色々な変革があったのを知ることができてよかったです。

20代・女性

とてもわかりやすい報告会でした。金融庁の本気度が伝わってきました。ただ、これからもセゾンのファンドを買い続ければ良いので何も心配することはないですね(笑)来年も参加いたします。

30代・男性

開催日時

2017年02月18日(土曜日)14:00~16:30(開場13:30)

講師

房前 督明氏(FCP代表/セゾン投信アドバイザー)
中野 晴啓(セゾン投信 社長)
瀬下 哲雄(セゾン投信 運用部長)

会場

■会場
RCC文化センター 703号室
■住所
広島市中区橋本町 5-11
■アクセス
JR広島駅南口より徒歩約10分/広島銀山町電停より徒歩約5分
定員 90名(申込み先着順)【当セミナーは終了致しました】
参加費

無料

主催

セゾン投信株式会社

お問い合わせ

セゾン投信株式会社

上記セミナーにおきまして、セゾン投信が設定、運用、販売を行う投資信託の勧誘を行うことがあります。投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。ご購入に際しては、必ずセゾン投信が提供する投資信託説明書(交付目論見書)の内容をご確認いただき、ご自身でご判断ください。

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。

その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。

ご購入に際しては、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

セゾン投信お客さま窓口

※ボタンをタップすると電話を発信できます

※お問い合わせ前によくあるご質問をご確認ください。

※FAX:03-3988-8673

pagetop