積立投資・積立NISAならセゾン投信。長期的な資産運用をお手伝いします。

ドイツを学べば、日本の未来が見えてくる!? ~ココから始まる資産形成術~|セミナー情報|積立投資・つみたてNISA(積立NISA)ならセゾン投信

TOPセミナー情報過去のセミナー開催実績 > ドイツを学べば、日本の未来が見えてくる!? ~ココから始まる資産形成術~

セゾン投信主催

2019年10月06日(日曜日)

ドイツを学べば、日本の未来が見えてくる!? ~ココから始まる資産形成術~

  • 印刷
  • 携帯に送信
  • ブックマーク

「日本人は投資よりも、貯金好き」。

でも、今のような超低金利時代にお金を預貯金にしていても、お金は全く育ちません。

金融庁のスローガンである「貯蓄から資産形成へ」を公表してはや4年。私たち日本人は、資産運用の必要性を薄々感じながらも、なかなかその第一歩が踏み出せていないのが現状です。個人資産運用の先進国であるドイツも、実は二十年ほど前までは日本と同じように預貯金が大半でしたが、政府の働きかけや国民の意識の変化により、今では預貯金の比率は4割程度にまで低下するようになりました。

今回は、そんなドイツの資産形成への取り組みや考え方を日本と比較しながら、どのように投資を始めていったら良いのかを、ドイチェ・アセットマネジメントの藤原氏とセゾン投信の園部よりお話しいたします!

【プログラム】

1部(14001550

◇セミナー

『ドイツの資産形成~日本に先行するアロケーション運用の考え方』

藤原 延介氏(ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社 資産運用研究所 所長)

『セゾン流の投資の考え』

園部 鷹博(セゾン投信株式会社 取締役・事業本部長 兼 事業推進部長)

2部(15:5016:30

◇パネルトーク&質疑応答

※皆さまから事前にお寄せいただいたご質問にお答えいたします。ぜひ、申込受付フォームの「メッセージ欄」にご入力ください!!

セミナー開催レポート

セミナーレポート

セゾン投信株式会社さんの投稿 2019年10月06日

お客さまの声

パネルのお話はお二人とも率直に語っていただいてとても面白かったです。個性が違うお二人なのもいいですね。異なる意見が聞けて参考になります。このクオリティのセミナーを無料で開催してくださるセゾンさんはすごいと思いました。

他国の資産形成の考え方は非常に参考になりました。全体通して、個人的な資産運用を聞けて面白かったです。

実のある対談があり、今までのセミナーとは違った切り口で楽しめました。

リーマンショックを経験し、本日のセミナーで積立を継続することに全く不安がなくなりました。これからもできる限り積立をみたいと思います。

開催日時

2019年10月06日(日曜日)14:00~16:30(開場13:45)

講師

藤原 延介氏(ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社 資産運用研究所 所長)

園部 鷹博(セゾン投信株式会社 取締役・事業本部長 兼 事業推進部長)

会場

■会場
FinGATE KAYABA(茅場町一丁目平和ビル 1階)
■住所
東京都中央区日本橋茅場町1丁目8−1
■アクセス
東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町」駅 徒歩1分
東京メトロ銀座線・都営浅草線「日本橋」駅 徒歩4分
定員 100名(申込先着順)【当セミナーは終了致しました】
参加費

無料

共催

セゾン投信株式会社

お問い合わせ

セゾン投信株式会社

上記セミナーにおきまして、セゾン投信が設定、運用、販売を行う投資信託の勧誘を行うことがあります。投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。ご購入に際しては、必ずセゾン投信が提供する投資信託説明書(交付目論見書)の内容をご確認いただき、ご自身でご判断ください。

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。

その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。

ご購入に際しては、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

セゾン投信お客さま窓口

※ボタンをタップすると電話を発信できます

※お問い合わせ前によくあるご質問をご確認ください。

※FAX:03-3988-8673

pagetop

サイト内検索