積立投資・積立NISAならセゾン投信。長期的な資産運用をお手伝いします。

ベストセラー「会計の世界史」著者、田中靖浩さんゲスト企画:「絵本で子供に伝えたいお金の話」|セミナー情報|積立投資・つみたてNISA(積立NISA)ならセゾン投信

TOPセミナー情報 > ベストセラー「会計の世界史」著者、田中靖浩さんゲスト企画:「絵本で子供に伝えたいお金の話」

セゾン投信主催

2019年12月05日(木曜日)

ベストセラー「会計の世界史」著者、田中靖浩さんゲスト企画:「絵本で子供に伝えたいお金の話」

  • 印刷
  • 携帯に送信
  • ブックマーク

「お金の話、お子さんと出来ていますか?」。老後資金2,000万円不足問題や格差拡大などが大きな関心を呼び、今年も毎日のようにお金にまつわるニュースが報道されています。しかし、そうした話題をお茶の間で取り上げ、親子で考えることが出来ていないという悩みを多くのビジネスパーソンが抱えています。

今回、セゾン投信では、そうしたお悩みを解決すべく、ビジネス書としては異例の7万部ベストセラーとなった「会計の世界史」著者、田中靖浩さんをゲストに招き、「絵本をきっかけに、親子でお金の話をしよう」と提案するセミナーを開催いたします。

会計や経営の歴史を絵画や音楽と関連づけたストーリー仕立ての「会計の世界史」は、経済・会計分野を敬遠していた会社員や経営者の心をつかみ、日本のビジネス書の新境地をひらきました。

その田中さんの新作はカナダ人女性の"マネー絵本"を翻訳した「おかねをかせぐ!」と「おかねをつかう!」の2冊です。翻訳の依頼を受けた田中さんは当初、「なぜ自分に依頼が来たのか戸惑った」そうですが、内容をみて受諾を即決。この本をきっかけに多くのビジネスパーソンがマネーについて新たな気づきを得られると確信したとのことです。

「お金を稼ぐ」、「仕事をする」とは、そもそもどういうことなのか?――絵本では日本人が"避けがち"なテーマを扱っています。親子で一緒に読めばお金について大事な話ができ、また大人が読んでもお金や仕事について改めて考える良い機会になる本です。

セミナーでは「会計の世界史」を元にした「働くことの歴史」から、絵本で扱った「お金を稼ぐこと・働くこと」との向き合い方について、幅広く、かつ楽しくお話していただきます。

セゾン投信取締役で2児のパパ、単身赴任中の園部鷹博が、関西人らしいユーモアを交え聞き手を務めさせていただきます。

「おかねは大切に使おうね」

きちんとそのことを伝えられる大人になりましょう。

きちんとそのことの意味を理解する大人になりましょう。
クリスマスやお正月、家族団らんで過ごす年末年始を前にした今、お子さんを持つビジネスパーソンに是非お聞きいただきたいスペシャル企画です。

イベント終了後は、発売されたばかりの絵本の販売会も実施いたします。

開催日時

2019年12月05日(木曜日)19:00~20:30(開場18:30)

講師

田中 靖浩氏(田中靖浩公認会計士事務所所長 産業技術大学院大学客員教授)

聞き手:園部 鷹博(セゾン投信株式会社 取締役事業本部長)

会場

■会場
セゾン投信 会議室(サンシャイン60 48F) 
■住所
東京都豊島区東池袋3-1-1 
■アクセス
有楽町線東池袋駅徒歩5分、各線池袋駅徒歩15分
定員 20名(申込先着順)
参加費

無料

主催

セゾン投信株式会社

お問い合わせ

セゾン投信株式会社

お申込み

お申込みはこちら

上記セミナーにおきまして、セゾン投信が設定、運用、販売を行う投資信託の勧誘を行うことがあります。投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。ご購入に際しては、必ずセゾン投信が提供する投資信託説明書(交付目論見書)の内容をご確認いただき、ご自身でご判断ください。

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。

その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。

ご購入に際しては、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

セゾン投信お客さま窓口

※ボタンをタップすると電話を発信できます

※お問い合わせ前によくあるご質問をご確認ください。

※FAX:03-3988-8673

pagetop

サイト内検索