積立投資・積立NISAならセゾン投信。長期的な資産運用をお手伝いします。

誤解していませんか?あなたのNISA よくある質問ベスト3

TOP > 誤解していませんか?あなたのNISA よくある質問ベスト3

Q1非課税期間*が終了したら売らないといけないの?

課税口座(特定口座または一般口座)に移す、もしくはロールオーバーを利用して運用を続けられます。

Q2ファンドを売らないと、非課税のメリットは受けられないの?

ファンドを保有していてもメリットがあります。非課税期間*終了時に基準価額が上昇していた場合、その時点の基準価額が新たな取得価額とみなされますので、非課税期間中の上昇分は課税対象になりません。

メリット・デメリットはこちら

Q3つみたてNISAを申し込んだ場合、現在のNISA口座はなくなってしまうの?

これまでのNISA口座は非課税期間*終了まで維持されます。口座内で既に保有しているファンドは、引き続き、非課税で保有できます。

*非課税期間:現在のNISAの場合、最長5年間

NISAについて詳しくはこちら

NISA口座でのお取引

よくあるご質問はこちら

  • NISAについて
  • つみたてNISAについて

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。

その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。

ご購入に際しては、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

セゾン投信お客さま窓口

※ボタンをタップすると電話を発信できます

※お問い合わせ前によくあるご質問をご確認ください。

※FAX:03-3988-8673

pagetop