投資信託、積立投資ならセゾン投信。長期的な資産運用をお手伝いします。

Loading

カード業界初、セゾンの「オリジナル投資信託」|プレスリリース|投資信託・積立投資ならセゾン投信

TOP企業情報・広報プレスリリース > カード業界初、セゾンの「オリジナル投資信託」

プレスリリース

カード業界初、セゾンの「オリジナル投資信託」

2007/02/23

―投信子会社:セゾン投信(株)を通じ、業界最低水準の手数料体系でカード会員などに販売―
商品名《セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド》《セゾン資産形成の達人ファンド》

クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役社長 林野 宏)はさわかみ投信株式会社(本社:東京都千代田区)、ザ・バンガード・グループ(本社:米国ペンシルべニア州)から商品提供を受け、昨年6 月に設立した投資信託委託会社 セゾン投信株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長 宮澤 雅美)でセゾンのオリジナル投資信託を設定し、直接販売方式で3 月5 日より販売を開始します。

販売する商品は、日本における長期投資のパイオニア「さわかみファンド」と、世界最大級の投信会社であるザ・バンガード・グループの「インデックスファンド」を投資対象としたファンド・オブ・ファンズ形式の投資信託2 本です。資産運用商品の需要の高い団塊世代のみならず、団塊ジュニアを中心とした比較的若い世代の資産形成層もターゲットに、「長期資産形成」をコンセンプトとした商品を業界最低水準の手数料で販売いたします。

今回の提携のポイントは、「さわかみ投信」「ザ・バンガード・グループ」の商品を組み込んだオリジナル投資信託商品をお客さまに提供できる点です。両社とは「長期資産形成」「ローコスト」をコンセプトに、お客さまが長期的に資産形成をするに相応しい商品を提供・販売していくための取組スキームの検討を重ねてまいりました。

その結果、昨年6 月にはクレディセゾン100%出資で「セゾン投信㈱」を設立し、同社が本年1 月15 日に金融庁より投資信託委託業の認可を受けました。販売手数料・信託報酬をできるかぎりカットするため、証券会社等の販売業者を入れない直接販売方式で、販促コストを抑え、セミ ナー活動を中心とした営業展開により、ローコスト経営を目指してまいります。

「さわかみ投信」や「ザ・バンガード・グループ」との提携が実現した背景には、単に商品を卸す従来の金融機関とは一線を画した「顧客利益の最優先」という新たなスタンダードを投信業界で確立したいという当社の思いと、両社の経営スタンスに共通点があったということが挙げられます。

ターゲット顧客の中心を形成する比較的若い団塊ジュニア世代や女性の資産形成ニーズには(1)「投資への意欲があるが行動が追いついていない」(2)「投信などパッケージ型商品に関心が高い」(3)「積み立てニーズが強い」等の傾向があることが判明していますので、安心と信頼を与えることのできる長期保有型投資信託を作り出すことで、お客さまの期待におこたえしたいと考えております。

「さわかみ投信」「バンガード・インベストメンツ・ジャパン証券株式会社」とは、これまでもセミナーで講師を務めていただくなど、「長期投資」という視点で協力関係を築いてまいりました。今後も商品提供だけにとどまらず、セミナー等を通じた個人投資家層拡大に相互協力しながら取り組んでまいります。

商品概要
ファンド名:『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』

運用方針:国内外の株と債券に投資することにより、安定的な成果を目指す
投資対象:すべてバンガード社のインデックスファンド
特 徴:・幅広いリスク分散・・・世界30 ケ国以上の株式と10 ケ国以上の債券に分散投資
・業界最低水準の手数料
・バンガードのファンドに投資するファンド・オブ・ファンズ
・長期投資用・・・長期のパフォーマンスを最優先するため分配金は全て再投資
信託報酬:0.4935%(税込)/年
信託財産留保金:0.1%
販売対象:将来に向けて長期に安定的な資産形成を考えている方
特定の市場や銘柄を選択するのに不安を感じる、また多くの時間を割けない方
販売単位:(積み立ての場合) 5,000 円以上1,000 円単位 ※条件あり
(スポット購入の場合)10,000 円以上1 円単位
販売手法:セゾン投信が直接販売。インターネット、お電話でのお申し込み
ファンド設定日:3 月15 日

ファンド名:『セゾン資産形成の達人ファンド』

運用方針:厳選されたファンドで株式を中心に積極運用
投資対象:当面はバンガード社の日本株インデックスファンドとさわかみ投信のさわかみファンド
投資先ファンドの選定条件:
①長期運用の一貫した運用哲学があること
②顧客本位の立場に立った販売方針や手数料体系であること
③長期的に高い運用実績を誇り、運用資産が継続的に成長していること
特 徴:「一貫した投資哲学に基づいて運営されている本格派の長期投資ファンド」だけを集めた長期保有型ファンド・オブ・ファンズ。本格的な長期投資ファンドを世界中から探して組み入れていく。
信託報酬:0.567%(税込)/年
信託財産留保金:0.1%
販売対象:将来に向けて長期に積極的な資産形成を考えている方
販売単位:(積み立ての場合) 5,000 円以上1,000 円単位 ※条件あり
(スポット購入の場合)10,000 円以上1 円単位
販売手法:セゾン投信が直接販売。インターネット、お電話でのお申し込み
ファンド設定日:3 月15 日

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社クレディセゾン 広報室 Tel: 03-3982-0700
セゾン投信株式会社 企画業務部 Tel: 03-3988-8669
セゾン投信株式会社 お客さま窓口 Tel: 03-3988-8668 (受付時間 9:00~17:00 土日祝日、年末年始を除く)

セゾン投信株式会社概要

本社所在地:東京都豊島区東池袋3-1-1
設立時期:2006 年6月12 日
資本金:2 億5,000 万円(クレディセゾン100%子会社)
事業内容:投資信託委託業
代 表 者:代表取締役社長 宮澤雅美
営業開始:2007 年2 月

経営方針
 セゾン投信は、低コストで高品質の投資信託商品の提供を通じて、《セゾン》カード会員をはじめとする皆様の長期的な資産形成のお手伝いをさせていただくことを目指しています。投資信託を利用した長期的な資産形成には、手数料を低く抑えることが不可欠であるという理念から、販売する投資信託の販売手数料は全てノーロードとし、信託報酬も業界最低水準を目指していきます。
 また、資産形成は早い時期から始めていただくことが大事であると考え、定期積立で設定可能な最低金額を5,000 円と少額にし、投資を始めるためのハードルを低くしました。
 さらにWEB サイト等での投資教育のコンテンツの拡充やセミナー活動を通じて、投資に対する啓蒙活動を合わせて行っていくことにより、一人でも多くの方に「自分自身の将来の為に必要な投資とは何か」についての理解を深めていただき、「投資を始めたいと考えているがなかなか一歩を踏み出すことが出来ない」ところから、自分らしいライフスタイルを実現するための「長期的な視点での資産形成をまず始めてみる」ところへ踏み出していっていただくことを目指しています。
 具体的には、カード会員向けの告知媒体を中心としながら、検索連動型広告等を中心としたインターネット媒体、およびセミナー活動等を通じてターゲット層へ重点的にアプローチすることにより、4 年で純資産残高2,000 億円を目指します。

社長紹介
宮澤 雅美(みやざわ まさよし)
・1950 年 東京都生れ
・日本興業銀行(現みずほコーポレート銀行)及び関連会社勤務を経て2006 年1月クレディセゾン入社
・同年6 月セゾン投信設立に伴い現職就任
・銀行時代に個人資産運用分野に深く携わり、投信の窓販開始に際しては旗振り役を務めた

提携先会社概要

さわかみ投信株式会社

本社所在地:千代田区紀尾井町6-12 紀尾井町福田家ビル
設 立:1996 年7 月4 日
運用総資産:2,400 億円超
口 座 数:約95,000 口座
代 表 者:澤上 篤人 (2007年2月現在)

さわかみ投信(株)は、一般のサラリーマン家庭の財産づくりを長期運用でお手伝いさせて頂こうという主旨で設立された独立系投資信託委託会社です。さわかみファンドは、一切営業をせず口コミを中心に集まったファンド仲間の皆様と二人三脚で成長し、現在、純資産総額2,400 億円を超える資産を運用しています。ファンド仲間数も9 万人を超え、長期投資家として常に経済の拡大発展に貢献するんだという意識をもって行動し、「世界一安心できるファンド、世界一信頼される運用会社」を目指しています。

ザ・バンガード・グループ・インク

本社所在地:米国ペンシルベニア州バレーフォージ
設 立: 1975 年5 月1 日
運用総資産:1 兆1,000 億米ドル超(約130 兆円)
顧客投資家数:約2,200 万口座
会長兼CEO:ジョン・J・ブレナン (2007 年1 月末現在)

ザ・バンガード・グループのコアビジネスは、米国においてノーロード、ロープライス/ローコストの投信商品を個人投資家に提供するものです。顧客投資家と当社株主が一致するという、米国投信会社中唯一異なる所有構造を持つことで、顧客利益の徹底した追求と、他社の追随を許さないローコストを実現しています。また、世界で最初に公募インデックスファンドを発売したことで知られ、現在もそのマーケットリーダーとして不動の地位を確保しています。
バンガード・インベストメンツ・ジャパン証券株式会社(東京都渋谷区桜丘町、代表取締役 加藤 隆)はザ・バンガード・グループ100%出資の日本法人です。日本の機関投資家および投資信託委託会社、投信販売業者に対しザ・バンガード・グループ各社の運用するファンド等の販売を促進するための情報その他サービスを提供しています。

  • この資料は、勧誘を目的とした、セゾン投信の提供する「販売用資料」ではありません。また、金融商品取引法に基づく、開示書類でもありません。したがって投資信託の購入、売却、あるいは保有を推奨するものではありません。
  • 情報については、その正確性、信頼性、安全性等について保証するものではありません。過去のパフォーマンスは、将来のパフォーマンスを推測する指標ではありません。
  • この情報に関する一切の権利、義務は、その情報提供者(以下「情報提供者」)に帰属します。この情報の内容は、情報提供者の事由により変更されることがあります。
  • このメッセージに掲載された情報に基づく判断については、閲覧者ご自身の責任の下に行うこととし、万一このメッセージの情報により、閲覧者が損失を被ったとしても、セゾン投信株式会社、ならびにその情報提供者はいかなる損害に対しても一切の責任を負うものではありません。
  • 投資信託の取得を希望される方は、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客様自身にて判断いただきますようお願いいたします。

【投資信託に係わるリスクについて】

当社の運用、販売する投資信託(以下、当ファンド)はファンド・オブ・ファンズであり、主として投資信託証券に投資を行います。当ファンドは、株式や公社債を実質的な主要投資対象としており、株式や公社債の投資に係る価格変動リスクを伴います。一般に、株式の価格は個々の企業の活動や業績、市場・経済の状況等を反映して変動し、また、公社債の価格は市場金利の変動等を受けて変動するため、当ファンドはその影響を受け、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。また当ファンドは外貨建資産に投資し、原則として為替ヘッジを行いませんので、為替変動の影響を受け、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。 したがって、ご投資家の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元金が割り込むことがあります。 当ファンドの基準価額の変動要因としては、主に「価格変動リスク」や「為替変動リスク」、「カントリーリスク」、「信用リスク」、「流動性リスク」などがあります。

【当ファンドに係わる費用について】

お客様には以下の費用をご負担いただきます。

<セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド>

◆申込時に係る費用

申込手数料はかかりません。

◆解約時に係る費用

解約手数料はかかりません。なお、解約受付日の翌々営業日の基準価額に対して0.1%の信託財産留保額が控除されます。

◆保管期間中に間接的にご負担いただく費用

信託報酬

ファンドの純資産総額に年0.5076%(税抜0.47%)の率を乗じて得た額とします。その他投資対象である投資信託証券において信託報酬がかかります。当該信託報酬も間接的に受益者の方にご負担いただく費用となりますので、実質的な信託報酬は、年0.69%±0.03%(税込/概算)となります。

※ファンドの規模に応じて変動する場合があります。 

その他費用

信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用(有価証券の売買の際に発生する手数料や、有価証券の保管に要する費用等を含む)、監査報酬(消費税含む)、立替金の利息等が信託財産の中から差し引かれます。なお、当該その他費用については、運用状況により変動するものであり、事前に計算方法、上限額等を示すことが出来ません。 

※詳しくはセゾン投信が提供する投資信託説明書(交付目論見書)をご覧いただき、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。

<セゾン資産形成の達人ファンド>

◆申込時に係る費用

申込手数料はかかりません。

◆解約時に係る費用

解約手数料はかかりません。なお、解約受付日の翌々営業日の基準価額に対して0.1%の信託財産留保額が控除されます。

◆保管期間中に間接的にご負担いただく費用

信託報酬

ファンドの純資産総額に年0.5832%(税抜0.54%)の率を乗じて得た額とします。その他投資対象である投資信託証券において信託報酬がかかります。当該信託報酬も間接的に受益者の方にご負担いただく費用となりますので、実質的な信託報酬は年1.35%±0.2%(税込/概算)となります。

その他費用

信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用(有価証券の売買の際に発生する手数料や、有価証券の保管に要する費用等を含む)、監査報酬(消費税含む)、立替金の利息等が信託財産の中から差し引かれます。なお、当該その他費用については、運用状況により変動するものであり、事前に計算方法、上限額等を示すことが出来ません。 

※詳しくはセゾン投信が提供する投資信託説明書(交付目論見書)をご覧いただき、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。

その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。

ご購入に際しては、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

セゾン投信お客さま窓口

※ボタンをタップすると電話を発信できます

※お問い合わせ前によくあるご質問をご確認ください。

※FAX:03-3988-8673

pagetop