投資信託、積立投資ならセゾン投信。長期的な資産運用をお手伝いします。

Loading

組入れファンド・運用会社ご紹介|セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド|投資信託・積立投資ならセゾン投信

TOPファンドの紹介セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド > 組入れファンド・運用会社ご紹介

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

投資対象ファンド

このファンドは全てバンガードのインデックスファンドに投資します。

1.バンガード・U.S. 500 ストック・インデックス・ファンド
ファンドの目的 S&P500 インデックスに連動する運用成果を目指します。
運用方針/投資対象 S&P500 インデックスを構成する株式を投資対象とします。基本的にインデックスとほぼ同じ組入比率でポートフォリオを構築します。
2.バンガード・ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド
ファンドの目的 MSCIヨーロッパ・インデックスに連動する運用成果を目指します。対象となる構成国はオーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス等です。
運用方針/投資対象 MSCIヨーロッパ・インデックスを構成する株式を投資対象とします。基本的にインデックスとほぼ同じ組入比率でポートフォリオを構築します。
3.バンガード・ジャパン・ストック・インデックス・ファンド
ファンドの目的 MSCIジャパン・インデックスに連動する運用成果を目指します。
運用方針/投資対象 MSCIジャパン・インデックスを構成する株式を投資対象とします。基本的にインデックスとほぼ同じ組入比率でポートフォリオを構築します。
4.バンガード・パシフィック・エックスジャパン・ストック・インデックス・ファンド
ファンドの目的 MSCIパシフィック・エックスジャパン・インデックスに連動する運用成果を目指します。対象となる構成国は日本を除くアジア太平洋地域の先進国・先進地域(オーストラリア、香港、ニュージーランド、シンガポール等)です。
運用方針/投資対象 MSCIパシフィック・エックスジャパン・インデックスを構成する株式を投資対象とします。基本的にインデックスとほぼ同じ組入比率でポートフォリオを構築します。
5.バンガード・エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド
ファンドの目的 MSCIエマージング・マーケット・インデックスに連動する運用成果を目指します。
対象となる構成国は欧州・アジア・アフリカ・ラテンアメリカ地域の新興市場国およびロシアです。
運用方針/投資対象 MSCIエマージング・マーケット・インデックスを構成する株式を投資対象とします。基本的にインデックスとほぼ同じ組入比率でポートフォリオを構築します。
6.バンガード・U.S.・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド
ファンドの目的 バークレイズ・グローバル・アグリゲート・U.S.・ガバメント・フロート・アジャスト・ボンド・インデックス(米国債および米国政府機関債(米ドル建て・残存期間1 年超)の時価総額加重インデックス)に連動する運用成果を目指します。
運用方針/投資対象 バークレイズ・グローバル・アグリゲート・U.S.・ガバメント・フロート・アジャスト・ボンド・インデックスを構成する債券を投資対象とします。基本的にインデックスとほぼ同じバランスとなるように債券を保有します。
7.バンガード・ユーロ・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド
ファンドの目的 バークレイズ・グローバル・アグリゲート・ユーロ・ガバメント・フロート・アジャスト・ボンド・インデックス(ユーロ圏各国の発行する国債および政府機関債(ユーロ建て・残存期間1 年超)の時価総額加重インデックス)に連動する運用成果を目指します。
運用方針/投資対象 バークレイズ・グローバル・アグリゲート・ユーロ・ガバメント・フロート・アジャスト・ボンド・インデックスを構成する債券を投資対象とします。基本的にインデックスとほぼ同じバランスとなるように債券を保有します。
8.バンガード・ジャパン・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド
ファンドの目的 バークレイズ・グローバル・アグリゲート・ジャパン・ガバメント・フロート・アジャスト・ボンド・インデックス(日本国政府および政府機関が発行する投資適格債券(円建て・残存期間1 年超)の時価総額加重インデックス)に連動する運用成果を目指します。
運用方針/投資対象 バークレイズ・グローバル・アグリゲート・ジャパン・ガバメント・フロート・アジャスト・ボンド・インデックスを構成する債券を投資対象とします。基本的にインデックスとほぼ同じバランスとなるように債券を保有します。

運用会社について(バンガード)

バンガード

世界最大級の投信会社

バンガードは米国ペンシルベニア州バレーフォージに本社を置く世界最大級の投信会社であり、運用資産残高は約3.5兆ドル(2016年3月末現在で日本円換算で約394兆円、1ドル=112.68円)を誇ります。 

バンガード本社

バンガードは、米国の投資信託業におけるローコストリーダーです。

バンガードの投資哲学における重要な要素は、投資家のリターンに直接影響する運用管理コストを低く抑えることにあります。

ローコストの源泉の主なものとして
  1. 通常の会社組織と異なる企業構造により、外部株主への資金流入が少ない。
  2. ファンドの規模が大きいことによる規模の利益を享受できる。
  3. 調査管理費用が安いインデックスファンドの運用が中心である。
経費率

バンガード・ファンドの平均経費率(平均純資産に対する運用その他の経費比率)は、業界平均の1.01%に対し0.18%となっています。

※(出所)バンガード、リッパー、2015年12月末現在

バンガード、インデックスファンド世界シェアNo.1*です。

バンガードは1976年に、個人投資家向けのインデックス・ファンドを、世界で初めて米国の個人投資家向けに設定しました。
現在、バンガードは、世界のインデックス運用商品の約4割のシェアを握り、シェアNO.1となっています。
※(出所)モーニングスター、2015年12月末現在

バンガードについて詳しくは、下記サイトをご覧ください。 

インデックスファンド発売40周年 世界の投資家から支持されるバンガード

MSCI Japan Index、MSCI Europe Index、MSCI Emerging Markets Indexに関する著作権、知的財産権その他の一切の権利はMSCIに帰属します。

また、MSCIは指数の内容を変更する権利及び公表を停止する権利を有しています。

Barclays Capital Global Aggregate U.S. Government Bond Index、Barclays Capital Global Aggregate Euro Government Bond Index、Barclays Capital Global Aggregate Japan Government Bond Indexに関する一切の知的財産権その他の一切の権利はバークレイズ・キャピタル社に帰属します。 S&P500に関する著作権等の知的財産権その他の一切の権利は、The Mc Graw-Hill Companies,Inc.に帰属します。

「Vanguard」(日本語での「バンガード」を含む)及び「tall ship logo」商標は、The Vanguard Group, Inc. が有し、セゾン投信株式会社及び承認された販売会社にのみ使用許諾されたものです。

また「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、The Vanguard Group, Inc. 及びVanguard Investments Japan Ltdより提供、保証又は販売されるものではなく、また投資に関する助言を受けていることを表すものでもありません。

従って、The Vanguard Group, Inc. 及びVanguard Investments Japan Ltdは当ファンド・オブ・ファンズの発行又は売買に起因するいかなる損害に対しても、責任を有しません。

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。

その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。

ご購入に際しては、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

セゾン投信お客さま窓口

※ボタンをタップすると電話を発信できます

※お問い合わせ前によくあるご質問をご確認ください。

※FAX:03-3988-8673

pagetop