投資信託、積立投資ならセゾン投信。長期的な資産運用をお手伝いします。

Loading

資金がある時に一時購入(スポット購入)を行う場合、NISA口座内運用か、一般または特定口座内運用か選択はできますか?|よくあるご質問|投資信託・積立投資ならセゾン投信

TOPよくあるご質問NISA > 資金がある時に一時購入(スポット購入)を行う場合、NISA口座内運用か、一般または特定口座内運用か選択はできますか?

資金がある時に一時購入(スポット購入)を行う場合、NISA口座内運用か、一般または特定口座内運用か選択はできますか?

一時購入(スポット購入)の場合、どの口座で運用するかは選択が可能です。

NISA口座のお取引方法についてはこちらをご覧ください。

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。

その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。

ご購入に際しては、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

セゾン投信お客さま窓口

※ボタンをタップすると電話を発信できます

※お問い合わせ前によくあるご質問をご確認ください。

※FAX:03-3988-8673

pagetop