積立投資・積立NISAならセゾン投信。長期的な資産運用をお手伝いします。

共通KPIと実績報告|顧客本位の業務運営|積立投資・つみたてNISA(積立NISA)ならセゾン投信

TOPセゾン投信とは顧客本位の業務運営 > 共通KPIと実績報告

顧客本位の業務運営

「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI」について

金融庁は2018年3月末付で「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI」の公表を金融業界に促し、多くの金融事業者が当該データを自ら算出して開示しました。

これを契機として、金融機関毎の投資信託販売における「顧客本位の業務運営」に対する実践度合いを世間が客観的に比較出来る機会、すなわち生活者への「見える化」に向けた環境が構築され始めたのです。

そして今般、前回公表から1年後である2019年3月末付で同データをアップデートして公表しましたが、1年前との比較で大半の金融機関がその数値を改善していることでしょう。

ここから気づくのは、当該数値水準はその時々の外部環境や相場状況による影響が多分にあるということであり、公表数値の絶対水準よりも各金融機関の数値の違いと改善度合いがいかなる要因によってもたらされているのかを客観的に分析し認識することから、金融機関の営業姿勢における真の「見える化」が始まる、ということです。

セゾン投信では「お客さま全部主義」の理念に立脚し、お客さまの利益の追求に向けた最善の努力を行動規範に据え、最適と考える投資行動への徹底した勧奨を貫いてきたことで、他社を凌駕するデータの水準を実現出来ていると考えております。今後とも、顧客本位の業務運営におけるKPIの公表を好機と捉え、その開示に向けて役職員一同、叡智を結集させて努力してまいります。

セゾン投信代表取締役社長 中野晴啓

共通KPI実績報告(最新版抜粋) 全体版はこちら

■金融庁が公表した「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI」に係る当社実績

共通KPI実績報告

金融庁の公表する「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIの定義」に基づいて実績をご報告しています。

公開日 報告書
2019年5月20日 【第2回】 ダウンロード
2018年9月5日 【第1回】 ダウンロード
【参考】

●金融庁は比較可能な共通KPIとして、3つの指標を公表しています。

  • 運用損益別顧客比率
  • 投資信託預り残高上位20銘柄のコスト・リターン
  • 投資信託預り残高上位20銘柄のリスク・リターン

●定義・算出方法の詳細については金融庁ホームページにてご確認ください。
(以下金融庁への外部リンクとなります。)

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。

その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。

ご購入に際しては、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

セゾン投信お客さま窓口

※ボタンをタップすると電話を発信できます

※お問い合わせ前によくあるご質問をご確認ください。

※FAX:03-3988-8673

pagetop

サイト内検索