積立投資・積立NISAならセゾン投信。長期的な資産運用をお手伝いします。

 「バンガードによる退職に向けた投資計画」シリーズ 第4回<br>「退職後の幸せな人生、3つの鍵」|トコトンコラム|積立投資・つみたてNISA(積立NISA)ならセゾン投信

TOPセゾン投信とははじめてのセゾン投信トコトンコラム > 「バンガードによる退職に向けた投資計画」シリーズ 第4回
「退職後の幸せな人生、3つの鍵」

トコトンコラム

「バンガードによる退職に向けた投資計画」シリーズ 第4回
「退職後の幸せな人生、3つの鍵」

 「バンガードによる退職に向けた投資計画」シリーズ 第4回<br>「退職後の幸せな人生、3つの鍵」

シリーズ最終回は、バンガードの米国での資産プランニング研究チームを率いるマリア・ブルーノのコラムをお届けします。

最近、気の合う博士二人と夢中になった話題がありました。一緒にいたのはバンガードのアドバイス・メソロドロジーのグローバル責任者、ジョエル・ディクソンと、退職後の生活プラン研究における第一人者、マイケル・フィンケの二人です。バンガードのポッドキャスト「The Planner and the Geek」用のエピソードを一つ録音したのですが、マイケルが、自身が取り組んでいる退職後の幸せが何で決まるかについての研究からいくつかの見識を話してくれました。一見、研究テーマとしてどころか、ポッドキャスト1回分にも値しないトピックに思えるかもしれません。ですが、深く掘り下げてみると、いくつかの面白い気付きがあります。

マイケルの研究は、経済面に限らず心の観点から、退職後の幸福に焦点を当てているという点で独自性があります。

マイケルが導き出した退職後に幸せな人生を送るための3つの鍵をご紹介しましょう。

お金は単なる数字


一つ目は、「お金は単なる数字である」ということです。働いている間は、退職後の生活に備えた貯蓄を優先して考えます。多くの方が、一定の金額を節約したり、特定の金額を貯めたりと、お金に関する何らかの目標を達成することに重点を置きます。目標に到達しても、そのお金自体が私たちを幸せにしてくれるわけではありません。大切なのはそれをどう使うかです。お金は、基本的には幸せを実現するための一手段にすぎません。

例えば、自分のお金を好きな活動に使ったり、誰かと一緒に使ったりすれば、より幸せが感じられます。お金を「モノ」に費やすのは、必ずしも幸せになるための投資ではありません。

退職後も良い仲間がいる


二つ目は、「一緒にいる人を大切にする」ということです。退職後は自由に使える時間が増えます。ですから人間関係は極めて重要です。働いている間は、起きている時間のほとんどを同僚や顧客、または患者との時間、あるいは移動に費やしています。私たちの社会的つながりの大部分は職場と結びついています。ですが退職後は、誰と一緒に時間を過ごすかを自由に選ぶことができます。

驚くべきことに、子供の近くで暮らすよりも友人の近くにいる方が、幸福度が高いという説明もあります。子供の家から10マイル(約16km)圏内に住む夫婦は、幸福度が著しく下がるのです。マイケルの調査結果によると、これは、夫婦のどちらか一方だけで引っ越しを決めてしまった場合や、夫婦がすでに大きくなった子供の近くで暮らすことに対して、非現実的な期待を抱いてしまった場合によく起きるケースです。

幸せでいるために健康を保つ


三つ目は、「健康であればすべてよし」ということです。これについては、完全に自分でコントロールできるではありませんが、働いている時から健康を維持することの大切さを気付かせてくれるものです。ライフステージのどの段階にあっても、健康は幸せの鍵であり、ありがたいものですが、退職後はその重要性が一層増します。

あなたにとって、退職後の幸せのための秘訣は何でしょうか?


この記事をご覧の皆さんにとって、これがご自身の幸せの定義を考えるひらめきとなれば幸いです。あなたにとって、退職後に幸せな人生を送るための秘訣は何ですか?

マイケル・フィンケ博士について詳しくは、こちらのウェブサイト:michaelfinke.comをご覧ください。

The Planner and the Geekのエピソード紹介に快く協力してくれたマイケルに心から感謝します。二人の博士とスタジオで過ごした時間はとても楽しく、有益なものでした。お二人からの意見や知見は、仕事における私の幸せです。

vanguard-01-04-02.jpg

マリア・ブルーノ

シニア・マネージャー

バンガード・米国資産プランニング研究チーム

ご留意事項

  • ・この記事は、2018年5月にバンガード・インベストメンツ・ジャパンのウェブサイトに掲載されたものです。
  • 本資料は情報提供のみを目的としたものであり、掲載された情報や表明された意見は金融商品の売買を提案もしくは勧誘するものではなく、証券投資に関するアドバイスを提供もしくはアドバイス提供サービスの勧誘を行うものでもなく、また前述のいかなる用途への利用も認められません。
  • 本資料は、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • ・一般に、株式の価格は個々の企業の活動や業績、市場・経済の状況等を反映して変動し、また、公社債の価格は市場金利の変動等を受けて変動するため、 株・債券の価格が下落し、損失を被ることがあります。株・債券の価額の変動要因としては、主に「価格変動リスク」や「為替変動リスク」、「カントリーリスク」、「信用リスク」、「流動性リスク」などがあります。
バンガード

バンガードは、世界最大級の運用会社の一つです。2019年3月31日現在、バンガードは約5.4兆米ドル(約600兆円)の資産を世界の市場で運用しています。バンガードは米国ペンシルバニア州バレーフォージに本拠地を置き、世界中で2,000万人を超える投資家の皆さまに400本以上のファンドを提供しています。

記事提供会社:バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第146号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。

その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。

ご購入に際しては、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

セゾン投信お客さま窓口

※ボタンをタップすると電話を発信できます

※お問い合わせ前によくあるご質問をご確認ください。

※FAX:03-3988-8673

pagetop

サイト内検索