積立投資・積立NISAならセゾン投信。長期的な資産運用をお手伝いします。

継続の有効性|インベスターリターン|積立投資・つみたてNISA(積立NISA)ならセゾン投信

インベスターリターン

相場下落時にも積立投資を継続しよう

下のグラフは2007年5月~2018年12月の11年8か月、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとセゾン資産形成の達人を毎月1万円ずつ継続して購入した場合の1万口あたりの損益を表しています。

毎月1万円ずつ継続して購入した場合の1万口あたりの損益

2008年9月に起こったリーマン・ショックによって、1万口あたりの損益は大幅にマイナスとなりました。一番損失が発生している状態でセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは▲2,997円、セゾン資産形成の達人は▲3,336円となり、心理的に辛い状況となりました。

2007年5月から毎月1万円ずつ積立投資をしていて、ショック時(2008年9月)に積立投資を停止してしまった場合、損益がプラスになるまでに要した期間は2つのファンド共に約4年半かかっています。それに対して、積立投資を停止せず継続していた場合には、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドでは3年半、セゾン資産形成の達人では1年4か月で損益がプラスになっています。

商品名 ショック時に積立投資を停止して
損益がプラスになるまでの期間
ショック時も積立投資を継続して
損益がプラスになるまでの期間
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 4年7か月 3年6か月
セゾン資産形成の達人ファンド 4年4か月 1年4か月

相場急落時には、損益が大幅にマイナスになることから慌てて積立投資を停止してしまう方が多くいらっしゃいます。しかし、過去のデータを検証すると、粘り強く積立投資を継続することで停止した場合よりも早く損益がプラスに戻っています。

理由は積立投資を相場下落時にも継続することで、投資信託の平均取得単価を引き下げることとなり、基準価額が上昇していく際には、基準価額が元の価額に戻るよりも早く損益は元に戻るからです。

POINT!

相場下落時も動揺せず、
平均取得単価を下げる好機会と捉えて
積立投資を継続しましょう!

  • 上記は情報提供を目的とし、信頼できる公開情報に基づいて作成されたものですが、その情報の確実性あるいは完結性を表明するものではありません。本文で詳述した内容は、一定の仮定に基づくものであり、それに伴い当初の結果と重要な差異が生じる可能性もあります。
  • 積立による購入は将来の収益を保証したり、基準価額下落時における損失を防止するものではありません。また、値動きによっては、積立よりも一括による購入の方が結果的に有利になる場合もあります。
  • 上記は過去の一定期間の実績であり、将来の運用成果等を保証するものではございません。
  • 当資料の中で記載されている内容、数値、図表等は特に記載のない限り、作成時のものであり、今後変更されることがあります。
  • 当資料は特定ファンド取得の勧誘を目的としたものではありません。
  • 投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。

その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。

ご購入に際しては、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

セゾン投信お客さま窓口

※ボタンをタップすると電話を発信できます

※お問い合わせ前によくあるご質問をご確認ください。

※FAX:03-3988-8673

pagetop

サイト内検索