ファンド紹介

  • ファンドの
    概要
  • ファンドの
    目的
  • ファンドに
    かける想い

ファンドの概要

当ファンドは、国内に上場している株式に長期的な展望に基づいて投資し、信託財産の成長を目指して運用を行います。

長期厳選集中投資

    銘柄選択による超過収益

    徹底したボトムアップ・リサーチにより長期的に利益が成長する可能性を秘めた企業を厳選します。株価が収益力を反映するまで、長期で忍耐強く投資を行います。

    ※原則、20銘柄以上保有し、一銘柄の投資割合は15%以内とします。
    ※市場動向やファンドの資金動向によっては、上記のような運用ができない場合があります。

    対話による超過収益

    企業との対話を通して企業価値の向上を図り、さらなる超過リターンの実現を目指します。

    ※上記はイメージ図であり、すべてのケースに当てはまるものではなく、将来の成果を示唆あるいは保証するものではありません。

銘柄選択の基準

以下の要素を考慮しながら、銘柄を選択します。

銘柄選択の基準

人々の抱える切実な課題に向き合い、その課題を解決できる社会的意義の大きな製品やサービスを提供しているか。

人々の潜在的ニーズを顕在化して業界のトップを走る企業か。

顧客だけでなく仕入先、従業員、株主を含むステークホルダー全体に対して適切な対応ができるか。

受益者参加型の投資信託を目指して

お客さまと運用チームの双方向コミュニケーションを実現するコミュニティーを形成していきます。

勉強会を開催

投資先企業を交えたイベント

※上記は現状のアイデアであり、具体的な内容は今後検討をすすめます。

ご負担いただく費用等について

購入時手数料 0%
実質的にご負担いただく信託報酬 年1.012%(税抜 年0.92%)
信託財産留保額 ※1 0.1%

※1 信託財産留保額とは、投資家間の公平性を図るため投資信託を解約する際に投資家が支払う費用のことです。別途支払うものではなく解約代金から差し引かれ、ファンドの運用資産として留保されます。

委託会社

セゾン投信株式会社

投資信託財産の運用指図、投資信託説明書(交付目論見書)及び運用報告書の作成等を行ないます。

受託会社

三菱UFJ信託銀行株式会社

投資信託財産の保管、管理、計算業務及び委託会社の指図に基づく投資信託財産の処分等を行ないます。

ファンドの目的

日本企業との対話(エンゲージメント)

●企業とお客さまを結ぶ長期的なパートナーとして、企業理念やビジネスモデルを深く理解することに努めます。

●知財や企業統治の専門家とも協力しながら、企業統治の高度化と企業価値の向上に貢献することを目指します。

これらを通して、豊かな社会の実現を目指します。

私たちの目指す豊かな社会

今までの日本市場 これからの日本市場

●投資家が企業に資金を提供

●企業はその資金により人材獲得や設備投資を行う

その結果としてのリターンを投資家に返還

●運用会社が企業と対話

●企業価値の向上に加えて、持続可能性の向上や社会課題の解決などへの建設的な対話を通し、持続的な成長を支援

●企業は豊かな社会の実現に貢献し、その結果として企業価値もさらに向上

その結果としてのリターンを投資家に返還

私たちセゾン投信は、このようなインベストメントチェーンを実現し、さらにその循環を図ることで、信託財産の成長を図るとともに、より豊かな社会の発展に貢献することを目指します。

※図は当ファンドの投資戦略の理解を深めていただくための、セゾン投信が考えるイメージです。全てのケースに当てはまるものではなく、当ファンドの将来の成果をお約束するものではありません。

ファンドにかける想い

CEO HARUHIRO NAKANO

代表取締役会長CEO兼CIO
中野晴啓

平成期を通じた日本経済の潜在成長率低迷は、国内資本市場の相対的な凋落に直結して、海外長期投資家からの関心も薄らぐばかりです。しかしながら、我が国産業界が蓄積して来た潜在的競争力を高度なガバナンスの体現により顕在化させることで、少なからぬ日本企業は競争上の優位性を蘇らせることが出来るはず。そこへの働きかけと実行を促すのがエンゲージメントです。セゾン投信は日本の資産運用業者として、資本市場を通じてこのミッションを果たしてまいります。

セゾン投信は、これまでグローバルに分散したポートフォリオを皆さまに提供することで、地球経済の長期に安定した成長軌道を捉えてゆったりとお金を育てて行く、長期国際分散投資を徹底して提唱してまいりました。そのコンセプトはこれからも当社不変の理念です。

他方で、私たちは日本を生き抜く生活者として、日本の長期衰退基調を決して看過するわけにはいかないでしょう。「セゾン号」の次なる行動提起は、長期投資で育って来るお金を、日本の産業界に規律と緊張感をもたらすと共に健全な事業成長に資する良質な長期産業資本として提供し、生活者にその恩恵が還流する好サイクルを私たち長期投資家主導で創出して行くことだと考えており、その実現に向けたチャレンジが「セゾン共創日本ファンド」です。

私たちはこの新ファンドを、皆さまに直接販売(チョクハン)のみでお届けします。

運用チームからの
メッセージ

JUN YAMAMOTO

国内株式運用部長兼ポートフォリオマネージャー
山本潤

私は、ファンドマネジャーとして過去20年以上にわたり日本株式市場と向き合って参りました。その間、世界は類をみない厳しいデフレの時代を迎え、日本企業は急激な円高や勃興するアジア企業との競争にさらされてきました。それでも日本の上場企業は地力を発揮し、年率平均で過去20年に渡り7~8%の配当成長を遂げてきたのです。その一方で、派遣社員の比率は増え、正社員の給与も減少しました。中小零細企業の経営は厳しく、経済格差は社会問題となっています。

わたしたちはそれをバラマキで解決することはできないと考えています。

遠回りのようでも、企業統治の高度化を通して、競争を勝ち抜ける企業を育てることが急務だと考えています。

幸いなことに、我が国には潤沢な金融資産があります。

私たちは、この金融資産をもとに、勝てる事業分野や気概ある経営者を厳選し、集中的に投資の配分をし、日本企業の底上げをはかり、あるいは、投資先企業と共に知恵を絞って、地球温暖化や経済格差という人類共通の大きな課題の解決に取り組むことができるのです。

私たち運用チームは時代の先頭に立ち、金融機関のあるべき姿をみなさまと共に考え、その理想を追求していきたいと思います。