投資信託の
メリットとデメリット

メリット

1 少額からの国際分散投資でリスクを軽減!

セゾン投信の投資信託は、10,000円から投資が可能です。
時間分散を可能とする「定期積立プラン」を利用する場合、月々5,000円から投資ができ、さらに少額から世界中に分散投資ができます。
資産運用の世界に昔から伝わる「卵は一つのかごに盛るな」という諺をご存知でしょうか。
卵を複数のかごに分けて持ち運べば、一度に全部の卵が割れるリスクを回避することができます。これは「投資先」や「投資する時期」を分散させることが大事だという教えです。
投資信託は個人が少額でも分散投資を可能とする優れた仕組み(投資先の分散)を兼ね備えています。

少額からの国際分散投資でリスクを軽減!

2 プロ(ファンドマネージャー)が代わりに運用!

少額からの国際分散投資でリスクを軽減!

投資信託は、運用のプロであるファンドマネージャーが運用方針に従って投資判断から取引までを投資家に代わって行います。そのプロセスおよび結果は、月次の運用レポートや年次の運用報告書、また動画レポート等で確認できます。

またセゾン投信は投資信託の直接販売を行っている会社ですので、運用会社自らが投資家の皆さまに対し、その説明責任を果たします。

3 高い透明性を持った金融商品です!

投資信託の価値を表す基準価額を毎営業日公表しています。投資家の皆さまはこの基準価額に従って売買を行います。また、決算毎に監査法人による投資信託の監査を受けていますので、透明性も高い金融商品と言えるでしょう。

デメリット

1 コストがかかる

投資信託は運用のプロに任せて投資を行うため、運用管理費用(信託報酬)などの費用(コスト)がかかります。

2 元本保証がない

投資信託は元本が保証されている預貯金とは異なり、購入額よりも売却額が下回る可能性があります。

3 タイムリーに売買できない

投資信託は、市場に上場されている株式とは異なり、刻一刻と変化する価格で売買することができません。投資信託には「ブラインド方式」が採用され、適用される基準価額がわからない状況で売買注文が受理されます。投資信託が投資している資産の評価値が確定した後に取引ができると、引き続きファンドを保有する投資家の利益が阻害されるため、このような方式が採用されています。受益者間の平等を確保するために設けられている制度です。