運用会社が破たんしても大丈夫?

投資信託は、投資家から集めた資金を「販売会社」・「委託会社(運用会社)」・「受託会社(信託銀行)」の3つの機関が役割を分担し、販売・運用・管理を行っています。このうち、投資信託の直接販売を行うセゾン投信は、「販売会社」と「委託会社(運用会社)」の両方の役割を担っています。

  • 販売会社
    (通常、証券会社や銀行など)

    投資信託の販売を行い、投資家から資金を集める。

    セゾン投信は販売、運用の2つの機能を担う

  • 委託会社
    (運用会社など)

    投資信託を組成し、受託会社へ運用の指図を行う。

  • 受託銀行
    (信託銀行)

    委託会社からの指図をもとに株式や債券などに投資、財産管理を行う。

投資信託には、それぞれの会社の経営が万が一がうまくいかなくなったとしても、投資家の皆さまの財産は保護される仕組みが整っています。
(※注:元本が保証されるわけではありません。)

販売会社が
倒産したら…

信託財産は、金融商品取引法により銀行・証券会社自身の資産と分別して保管することが 義務付けられているので、万が一、銀行・証券会社が倒産したとしても、顧客資産はそのまま返還されます。

委託会社が
倒産したら…

運用資産は実際には受託銀行において保管・分別管理されているため、委託会社が破綻しても、 運用資産は直接的な影響はありません。

信託銀行が
倒産したら…

信託銀行には、信託財産と銀行固有の財産等を明確に分けて管理することが義務付け られているので万が一信託銀行が倒産したとしても顧客資産は保護されます。