源泉徴収制度(げんせんちょうしゅうせいど)

所得が発生する時点で、所得を支払う源泉徴収義務者(国、地方自治体、事業者等)が一定税率を差し引いて所得を支払うことにより、納税者に代わって所得税を納税する制度のことです。