受託銀行(じゅたくぎんこう)

日本の契約型投資信託において信託財産の保管・管理を行う銀行のことです。主な業務として信託財産の保管・管理や基準価額の計算などを行っています。基準価額の計算は運用会社(委託者)と受託銀行(受託者)の双方で行っています。