信託財産留保額(しんたくざいさんりゅうほがく)

投資信託の解約時に解約者が負担する金銭のことで、支払われた金銭は投資信託の財産となります。これは解約が発生すると資金の手当てが必要となり他の受益者の不利益となる場合があることから、解約者にもそのコストの一部ないしは全部を負担してもらうという考え方に基づくものです。