定量評価(ていりょうひょうか)

企業などを売上高や利益などの量的な側面から評価することです。