ドル・コスト平均法(どる・こすとへいきんほう)

値動きのある商品(投資信託など)を一定の金額で継続して購入し、価格変動リスクを分散する方法のことです。