追加型投資信託(ついかがたとうししんたく)

ファンド設定後も受益権の追加発行や払い戻しをファンドの1口あたりの純資産額を基準としてある程度自由に行うことができる投資信託のことです。オープンエンド型投資信託とも呼びます。