積立投資・積立NISAならセゾン投信。長期的な資産運用をお手伝いします。

セゾン投信KPIと実績報告|顧客本位の業務運営|積立投資・つみたてNISA(積立NISA)ならセゾン投信

TOPセゾン投信とは顧客本位の業務運営 > セゾン投信KPIと実績報告

顧客本位の業務運営

セゾン投信KPIと実績報告

セゾン投信は2015年8月にフィデューシャリー宣言を公表し、2017年にはその具体的行動指針としての成果指標(KPI)も業界に先駆け設定しています。

当該宣言の実践状況は、毎月開催しているフィデューシャリー委員会においてモニタリングを行い、年1回取り組み状況をご報告しています。

フィデューシャリー宣言は、当社からお客さま及び社会に対する「顧客本位の業務運営」の行動コミットメントであり、コミットメントへの真摯なアプローチこそが当社役職員全員の行動規範の実行になります。そしてKPIにある具体的数値目標は、当社が目指す顧客本位の姿を明示的に指し示したものと捉えてください。

当社は「顧客本位の業務運営」を高いレベルで実践することに、金融業界における競争上の優位性を見出しております。真の顧客本位とは何かを常に探求し続け、我が国の資産運用業界におけるベスト・プラクティスを体現する組織を目指し、「お客さま全部主義」の理念を役職員全員で徹底推進してまいります。

KPI実績報告からセゾン投信の個性と価値をご理解ください。

セゾン投信代表取締役社長 中野晴啓

KPI実績報告(最新版抜粋) 全体版はこちら

■フィデューシャリー宣言で掲げる各項目の達成状況
■KPI実績

当社が特にお伝えしたいKPI6項目について、下記の通り状況のご報告をさせていただきます。

取り組み状況を評価するための成果指標(KPI)

フィデューシャリー宣言への取り組み状況を評価するための成果指標を定めています。

公開日 成果指標
2018年09月05日 【改訂版】 ダウンロード
2018年03月02日 【改訂版】 ダウンロード
2017年06月30日 ダウンロード

KPI実績報告

フィデューシャリー宣言への取組状況、KPIの実績をご報告しています。

公開日 報告書
2018年06月22日 【第1回】 ダウンロード
2017年12月01日 【取り組み状況】 ダウンロード
2016年12月22日 【取り組み状況】 ダウンロード

販売委託先金融機関との関係についてのご報告

フィデューシャリー宣言に基づいて当社ファンドの販売委託先金融機関との関係をご報告しています。

公開日 販売会社 報告書
2018年09月26日 tsumiki証券 ダウンロード
2018年03月02日 足利銀行
ふくおかフィナンシャルグループ(福岡銀行、熊本銀行、親和銀行)
横浜銀行 (50音順)
ダウンロード
2017年04月20日 ゆうちょ銀行 ダウンロード
2016年12月22日 楽天証券 ダウンロード

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。

その結果、購入時の価額を下回ることもあります。また、投資信託は、銘柄ごとに設定された信託報酬等の諸経費がかかります。各投資信託のリスク、費用については投資信託説明書(交付目論見書)に詳しく記載されております。

ご購入に際しては、必ず投資信託説明書(交付目論見書)の内容を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

セゾン投信お客さま窓口

※ボタンをタップすると電話を発信できます

※お問い合わせ前によくあるご質問をご確認ください。

※FAX:03-3988-8673

pagetop

サイト内検索